パソコンやスマホの使用で「同じ姿勢」や「悪い姿勢」を続けていることなど肩こりの原因は様々ありますが特に「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス、食べ過ぎ、寝不足」があげられます。ことぶきではローラーリンパ整体(ローリング療法)を取り入れた整体術で頭痛・肩こりに全く異なるアプローチを導入した画期的な療法です。

頭痛・肩こり専門整体サロン ことぶき 肩こりの仕組みとローラーリンパ整体(ローリング療法)

肩こりの仕組みとローラーリンパ整体(ローリング療法)

パソコンやスマホの使用で「同じ姿勢」や「悪い姿勢」を続けていることなど肩こりの原因は様々ありますが特に「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス、食べ過ぎ、寝不足」があげられます。ことぶきではローラーリンパ整体(ローリング療法)を取り入れた整体術で頭痛・肩こりに全く異なるアプローチを導入した画期的な療法です。

そもそもなぜ“コル”の

主な原因は「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス、食べ過ぎ、寝不足」

主な原因は「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス、食べ過ぎ、寝不足」

コリのできる原因は、同じ筋肉を使い続けることで起きる筋肉疲労です。
最近ではパソコンやスマホなどの使用で「長時間同じ姿勢」や「悪い姿勢」を続けていること
で身体にいつも余計な力が入っている為に起こる場合があげられます。
人間は二足で歩く為、首や腰にどうしても負担がかかりやすくなります。特に首から肩にかけては姿勢を保つために緊張し、その緊張が血行不足を起こし肩こりとなるのです。

それプラス、人の頭の重さは4〜5キロもあります。かなりの重さですよね。
その重い頭を支えているが、首と肩です。日本人は一般的に外国人と比べると、首から肩の骨格や筋肉が小さく弱いので肩こりを起こしやすいといわれます。
肩こりの原因は様々ありますが特に「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス、食べ過ぎ、寝不足」があげられます。

なぜローラーが効くのか?

なぜローラーが効くのか? 
ローリングの痛みとくすぐったさ

ローリングの痛みとくすぐったさ

ローラーリンパ整体(ローリング療法)は大小様々なローラー(当サロンでは現在15種類使用)を身体の部位に当て、転がすことによって血液の正常な流れを停滞させ新陳代謝を妨げる、りゃっ感(くすぐったさ)、硬結(しこり)、うっ血を取り去って、全身の血行不良を改善し、
自然治癒力を高めることで、病気の回復を助け、健康を維持する画期的な療法です。

しこりやうっ血といいますと、肩、背中、腰などのコリや張りを思い浮かべる方が少なくないかと思いますが、…
現代人の大部分は身体の奥深くの内臓にまで無数のしこりやうっ血ができています。慢性的な運動不足と栄養過多が原因といってよいでしょう。
肩こりや背中の痛みと違って、日常生活では自覚症状がないのが普通です。
 こうしたしこりやうっ血を放置しておきますと、次第に血行が悪くなり、新陳代謝障害を引き起こして、やがて内臓諸器官が本来の機能を発揮できなくなってしまいます。

ローラーリンパ整体(ローリング療法)では、機能障害の原因である、りゃく感(くすぐったさ)、うっ血、硬結(しこり)
を取り除き、体全体の異常を調整することで、病名を問わず多大な効果をあげています。
人間の体を精密機械に置き換えてみて考えてみてください。しこりやうっ血のできた身体は、埃や油をいっぱいに詰め込んで動かなくなった精巧な機械です。
まず必要なのは、機械油を注ぐこと(栄養をつけること)でも、部品をいじること(局部治療、対症療法)や、取り替える(患部を切り取ること)でもなく、
埃や油(しこりやうっ血)をきれいに掃除してやることなのです。私たちは、肩こりを感じると、無意識にそこを叩いたり、揉んだりしてほぐします。
そうすることで、血液の循環がよくなり、楽になることを経験上知っているからです。体の深い深層部のしこりについても、これとまったく同じことが言えます。

りゃく感(くすぐったさ)、うっ血(痛み)、硬結(しこり)を取り去る。
つまり肉体のオーバーホールの大切さに着目したローラーリンパ整体(ローリング療法)は、
これまでの医学とは全く異なるアプローチの異なる画期的な療法です。
細菌性疾患、急性疾患、危篤状態、外科的治療を要する病気以外は、ローラーリンパ整体(ローリング療法)での治療が可能ですが、
特に慢性病や原因不明の病気には卓効を示します。
さまざまな症状でお悩みの方々が一日も早く健康を取り戻されることを願います。